Bridal & Formal

新郎衣装

メンズブレスでは、新郎の衣装の仕立てを承ります。
  

<完成期間>

約1ヶ月〜2ヶ月後
 
 
下記スケジュールは、完成後の微調整も含めたゆとりを持ったスケジュールです。
完成後の手直し・サイズ調整等にも日数を要します。
日取りが決まったらお早めにご相談ください。
 
着用予定日
※予定日の10日前後前にお渡し
ご注文時期の目安
ジャケットとパンツのみ ベスト付きで頼みたい
1月中旬 11月初旬 10月中旬
2月中旬 12月中旬 11月下旬
3月中旬 1月中旬 12月下旬
4月中旬 2月初旬 1月中旬
5月中旬 3月中旬 2月下旬
6月中旬 4月中旬 3月下旬
7月中旬 5月中旬 4月下旬
8月中旬 6月初旬 5月中旬
9月中旬 7月中旬 6月下旬
10月中旬 8月中旬 7月下旬
11月中旬 9月中旬 8月下旬
12月中旬 10月中旬 9月下旬
 
 
ピークタキシード
ショールタキシード
ファンシータキシード
※カジュアルな色や生地で仕立てたタキシード
ディレクターズスーツ用
オッドベスト
ディレクターズスーツ用
コールパンツ
蝶タイ・チーフ・靴
デニムスーツ取り扱い開始予定!
店頭サンプルは9月中旬よりご覧いただけます。
 

結納返し(御袴料)

『結納』

新郎家 → 新婦家 「御帯料」「小袖料」「帯地料」などと呼ばれる金銭。
 

『結納返し』

新婦家 → 新郎家 「御袴料(おんはかまりょう)」「袴地料」などの金品。
 
『結納返し』の中心的なものは「御袴料」です。男性用の袴を仕立てる料金という意味から転じて、現代ではスーツ仕立代などになっています。必ずしもスーツにこだわることはなく、時計・鞄・現金・商品券・新郎側の希望の品など幅広く考えられています。
 
フォーマル用のブラックスーツやお祝い事に着用できる上質な生地を使用したスーツのオーダーを承ります。
 
ご予算に合わせて靴や鞄などもご用意できますのでご相談下さい。

① スリーピーススーツ = 10万
② スーツ・革靴 = 25万
③ スリーピース・シャツ・革靴・ベルト・カバン = 50万  など

礼服価格

フォーマルウェアは赴く場の格式と時間帯によって変わります。

<正礼装>

 
一般的に着用の機会はあまりありません
叙勲や格式高い晩餐会など
 

朝〜午後6時

モーニング
 106,500〜
 

午後6時以降

テールコート(燕尾服)
※当店では取り扱いございません

 


<準礼装>

 
 ご年齢と共に必要となる礼装です
結婚式の新郎や新郎の父
ドレスコードのある集まりなど
 

朝〜午後6時

ディレクターズスーツ(慶事)
 ¥89,500〜 
 

午後6時以降

フォーマルブラックタキシード (慶事)
 ¥77,000〜 
 
ファンシータキシード(慶事)
 ¥46,000〜 
※通常のスーツベースに作成いたしますので安価に仕上がります
 

<略礼装>

 
最も着用回数の多く
社会人として必須の礼装です

  

全ての時間帯

ダークスーツ (慶事)
※黒もしくは濃紺の無地
 ¥55,000〜 
 
ブラックスーツ(慶事・弔事)
※弔事にも着用できる深い黒
 ¥55,000〜
 

 
ご予約優先
 
先約のお客様が来店中にはご対応できません。
場合により当店フィッターが外出している場合もございます。
 
お電話、もしくは、WEB予約をおすすめいたします。
 
電話予約: 089-932-6464
(10:00〜19:00 水曜定休)
 

WEBご予約はこちら